2006年07月18日

旅行保険のこと


最近ではクレジットカードに、海外旅行保険が自動付帯されているので、わざわざ保険を契約したことはない。
ついでに、共済組合のニューズレターを見ていると、共済組合からも海外で病院にかかった場合にいくらかもらえると書いてあった。
これで自分に関しては、ばっちりである。
あ、車の保険は別ね。
レンタカーを借りるときは、日本でいう自賠責の他にも、しっかりと保険に入っておかないと大変なことになる。

通常の旅行保険について、一応、サイトや冊子で、条件等を確認していると、あたしの持っている某カードには、同行の子どもにも同じような保険が自動的に付くことを発見。
夫は無駄にクレジットカードを何枚も持っているので(会員証とセットになっているようなのに、次々と入るのだ)いいとして、ムスメ分は、旅行保険に入らないとだめかなあと思っていたのだ。
条件は、“生計を共にする19歳未満の子”または、“別居の未婚の子”である。

ここで一つの疑問。
たまにコソッと告白しているのだが、実はわが家は別姓夫婦なのだ。
あたしの給料が上がって、夫の扶養を外れたのを機に、離婚届を出してある。
でも住民票はもちろん一緒で、世帯主は夫、あたしの続柄には“妻(未届)”と書いてあって、ムスメのところには、“子”と書いてある。
携帯電話の家族割も適用されるし、普通にクレジットカードの家族会員にもなれるし、日常生活を送る上で、なんの不自由もない。
別姓については、論じると長くなるので今回は語らないけど、一応心配になってクレジットカード会社に聞いてみた。
即答はできないので、保険会社に聞いてみると言われ、しばらくして電話がかかってきた。
保険会社の回答は、“戸籍上いっしょでないと不可”
さ〜や☆、にこやかにキレる。
「あたしが産んだんですよ。戸籍上だって、親権は夫となってますけど、あたしと夫の長女であることに間違いないです。それって……差別、ですか? 最近、保険会社が何かと難癖をつけて保険金を払いたがらないことが問題になったりしてますよね?
 と、保険会社に伝えてください」
そう言うと、もう一度交渉するように頼み、待つこと1時間。
カード会社の担当の女性が、さっきとは変わって、明るい声で電話をかけてきた。
答えはもちろん、OK。
そりゃそうだよね、保険の条件のどこにも、戸籍上現在の親子関係が証明できること、とも、治療後の保険金請求に戸籍謄本が必要とも書いてないもん。住民票とは書いてあるけど。

てなわけで、ちょっと話が脱線気味になったけど、旅行保険に関しては、子どもを連れて海外に行くような場合、クレジットカードのサービスをよく見てみると、保険に入らなくてもいい場合があるので、要チェックという話であった。
ちなみに、要るのか要らないのかわからないようなクレジットカードを何枚も持っている夫だが、子どもにも適応される保険のついたカードは1枚も持っていなかった。
嗚呼。
posted by さ〜や☆ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20974620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。